ハワイ不動産を買う/売る前に覚えておきたい税金の話【絶対保存版】

      2016/04/24


ハワイで不動産を購入すると、ハワイ州の法律、米国の法律に準じて、いろいろな税金がかかってきます。

そこで今回は①ハワイ不動産を買う前、②ハワイ不動産を売る前、とに分けて、覚えておきたい税金の特集ページを作ってみました。(以前、お話しした記事も含めて!)

もう既にハワイに不動産をお持ちの人も、これから買おうと思っている人も、『あれ?どうだったけな?』というときのために、お役立てください。

 

 

Palm_Tree_House

ハワイ不動産を買う前に知っておきたいこと

ハワイ不動産を買う前に、まず以下の2つを知っておくと便利。特に、投資目的で買われる方は、両方必ず理解しておくことをオススメします。

 

①名義選びは慎重に

後々の相続やそれに関わる税金が変わってきます。ここでは、下記4つの種類の名義それぞれの長所と短所を解説しています。

  • 単独所有名義
  • 分割共有名義
  • 合有名義
  • 夫婦連帯名義

ハワイ不動産の減価償却を使って節税?

ハワイには築40年、50年の建物がたくさんあります。例えば、木造の耐用年数、22年を経過した物件であれば、減価償却を4年で計上することができるというメリットがあります。

ここでは、ハワイ不動産における『減価償却』の特徴について、そしてそれがなぜ日本と違ってメリットになるのかを具体的な例をもとに説明しています。

 

money_house

 

ハワイ不動産を売る前に知っておきたいこと

ハワイ不動産を売る、または譲渡したときに、必ず頭を悩ますのが税金です。ここでは、売ったあとにかかってくる様々な税金について説明しています。

 

①キャピタルゲイン税

お手持ちの不動産価格が買ったときより上昇していた場合、その価値の増加分に対して課税されます、それがキャピタルゲイン税です。

ただし、過去5年間のうち最低2年間所有、かつ居住していれば、個人で25万ドルまで、夫婦で50万ドルまで免除になります。

ハワイ非居住者、または外国人の場合は、売却価格に対して源泉徴収されます。詳しくは、『キャピタルゲイン税の源泉徴収率が変わります!』を参考にしてください。

 

②贈与税

今このページは作成中です。完成を楽しみにしていてください。

 

③相続税

今このページは作成中です。完成を楽しみにしていてください。

 

個人的にもご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

kanaeabe808@gmail.com

または 808-228-1716 

にご連絡ください。

 


 - お金のこと〜税金, 名義(所有形態)について, 役立つノウハウ