ハワイ不動産レポート7月: コロナ渦、市場を動かす3つの原動力とは?

   


7月のハワイ不動産、市場を動かしていたのは

  • 抑圧需要
  • 歴史的な低金利
  • 在庫不足

この3つだった言えます。

具体的にはどのような動きだったのでしょうか?

 

 

 

一軒家への需要は高い

 

一軒家の7月の総契約数は前年同月比で3%減。

価格帯別では、$600K-699Kは26.5%減。

$700K-899Kでは19.4%増となりました。

中間価格は$815,000でした。

1−7月で0.6%増えています。

相変わらず、一軒家の需要は高いと言えます。

 

コンドは不調

 

コンドの契約数は前年7月と比べ17%減。

どの価格帯でも契約数が落ち込みましたが、

$400-499Kの価格帯だけは20.7%の増。

ローカルバイヤーに人気の価格帯です。

中間価格は$440,000。

1−7月では1.2%UPでした。

 

 

 

MRI 指標とは?

 

アメリカでは、不動産売買の動向を分析する際、

MRIという指標を使います。

Months of remaining inventory の略です。

市場に売りに出る物件がゼロと仮定した際、

現在市場にある売り物件が全て売却されるまでに

かかる『月数』を示したのがMRIです。

 

 

7月オアフ島不動産のMRIは:

  • 一軒家….2.4ヶ月
  • コンド….4.1ヶ月

 

 

一軒家はまだまだ『売り手市場』と言えます。

歴史的な低金利(30年平均3.1%)が後押し

しているようです。

コンドは例年より長期戦になるやもしれません。

 

 

もう少し詳しく聞きたい!

個別にハワイ不動産の質問をしたい!

そう思ったら、、、

808-228-1716 

kanaeabe808@gmail.com

までお気軽にご連絡くださいね。


 - ニュース, 価格について , , , , , , , , , , , ,